おおがわらハーブ菓子研究会

まちとハーブとお菓子の素敵なおはなし

平成2年夏、町を花で飾ろうと、公園、歩道、学校等に1万本のラベンダーを植えました。
これをきっかけに、町ではラベンダーやハーブをいかしたまちづくりと、うるおいのあるくらしの提案を「花いちめん運動」として推進しています。初夏に心地よい香りと共に可憐な花を咲かせるラベンダーは、暮らしの中にも除々に広がり、「ラベンダーロード」や「ラベンダーまつり」として花開きました。
近年、「花いちめん運動」に共感したお菓子やさんにより、ハーブをいかしたお菓子「ハーブ菓子」が作り始められました。
そして、より一層工夫をふかめ、美しいふるさとを紹介するために、「おおがわらハーブ菓子研究会」は誕生したのです。

菓匠三全

仙台銘菓「萩の月」を製造販売する菓匠三全は、大河原町に工場があります。厳選された素材で、お客様に喜んでいただけるお菓子づくりにこだわり、より新鮮で美味しいお菓子をお届けしたいと考えております。「素材の香りを生かした、まだ食べたことのないようなハーブ菓子にチャレンジしていきたい。」と創作意欲も旺盛です。

これまで大河原町のオータムフェスティバルに出品されたハーブ菓子

  • ローズマリーラスク
  • ハーブサブレ
  • バジルキッシュ
住所 大河原町大谷字保料前18(工場)
TEL 0224-52-3000
FAX 0224-52-1855
URL http://www.sanzen.co.jp/

石川菓子店

石川屋のお菓子は「故郷の甘さ」で、県内に広くファンを持っています。素朴で優しい和菓子のほかに近頃はケーキ類も充実。お店はお客様がひっきりなしで活気にあふれています。「人工添加物を一切使わないのが石川屋の流儀、ハーブは天然素材として大変興味をもっています。誰にでも愛されるハーブ菓子をつくりたいですね。」と語ります。

  • 一目千本桜サブレ 1個 120円
  • 桜フィナンシェ   1個 150円
住所 大河原町字西町120-1
TEL 0224-52-1703
FAX 0224-52-1705

菓子匠喜多屋

菓子匠喜多屋は、伝統ある和洋菓子の店で、今はラベンダー、カモミール、ローズゼラニウム、ローズなど多くのハーブを使ったお菓子をつくっています。「ラベンダーメレンゲができた時、それまでの苦労が吹き飛び、ハーブ菓子の可能性を確信しました。これからも、ハーブの香りとイメージを大切にして、可愛らしいお菓子を作り続けたい。」と願っています。

  • ラベンダーメレンゲ 1袋 320円
  • ローズゼラニウムクッキー 1袋 320円
  • ローズケーキ 1コ 150円
  • チョコミントケーキ 1コ 150円
  • ラベンダーケーキ 1コ 150円
  • ハーブ菓子詰合せ 1箱 990円から
住所 大河原町大谷字末広55
TEL 0224-52-1577
FAX 0224-52-1577
URL https://www.facebook.com/kitayasweets/

蔵王の昔飴本舗

飴造りの技術を伝承しながら、新しい飴造りにも取り組んでいます。
大河原商業高校生がプロデュースした大河原の特産品、青梅を使った「うめ輝らり」など地域の食材を使った飴を製造しています。
住所 大河原町大谷字西原前92-1
TEL 0224-53-1136
FAX 0224-53-1183
URL http://www.zao-ame.com/

お願い

ハーブ菓子の中には、季節限定商品などで常時販売していないものもあります。ご利用の際は各店にお問合せ下さい。
また、全店、宅配による全国発送を承っております。